ギャンブルで大きくかけるロマン、投資といったかんがえでかけるときでは違いあります。ギャンブルで言えば1発で起きは配当金あてっロマンといったイメージがつよいですが、投資となれば予算決め狙ってレースに予算内から投資するといったことは稼いだ大事なお金投資して、増やすといった目的の意味が強いです。そして予算をある程度決め投資で始めていきますが、はじめは投資額をあげすぎないで、転がしてもうけを狙います。資金徐々に増えてから購入額を上げていくようにしてくdしあ。大きな1発充てる方法は負けるごと予算減る一方といったこと多くあり、的中率、回収率意識して徐々に増やすといった意識が大事です。ずっと勝ちつづけることができないことも競馬含めギャンブルの特徴で、的中率歳代まで上げても100%ならなくて、必ず続ければ負けが来ます。予算内にあわせ負けてるとき投資額減らしつづけて行きます。金額10分の1になっても子に予算内で続ける気持ちが投資という面で大事なのです。ですが負ければどうしても頭よぎるのは儲ける方法はないかということです。競馬で儲ける方法考えれば回収率が大事です。ギャンブルでもビジネスでも何かに投資するなら回収する必要があります。回収率に焦点あてれば高配当を狙うほうが、大きい利益出て回収率高く見えます。ですが、高配当の的中率は低くて、的中まで多額の投資が必要です。すると、せっかく高額配当的中しても回収率伸びません。回収率高い方は、大穴狙いせず、外したときのリスク最小にとどめ確実な方法で的中を狙います。地道にデータ蓄積して、的中率挙げて配当額と回収率挙げるのが儲けの方法なのです。ほかの予想家も同じようなデータ蓄積して競馬へ投資していて、データもってる人がどういう動きで狙うかまで徹底予想して、ほかの予想家の1歩先を見るのが大事です。これから投資する額に対して高い期待値見込める競走馬えらんで回数稼値て初めて設ける方法として成功していきます。そして、どういう競走馬が投資額に対して高い期待値見込めるかかんがえましょう。かならず人気の競走馬が上位独占する世界ではないのが競馬という世界の難しいところなのです。過小評価の旨辛投資に見合ったうあっ見極めて選べるようになれば投資として成功といえます。そして、投資をするとき競馬投資会社を利用するかたがいますが、悪質な業者紛れてたり詐欺あったりするケースがあることも事実です。